秘密証書遺言

遺言者が作成した遺言書の内容を誰にも知られないように保管するため、封書にして公証人へ提出するものです。

 

なお、自筆証書遺言としての要件を備えてあれば、自筆証書遺言として有効とされます。

 

秘密証書遺言の作成手順

1.資料の準備

遺言者の印鑑証明書、戸籍謄本、不動産の登記簿謄本、固定資産評価証明書、証人の住民票等を準備します。

 

2.遺言書作成

自ら遺言書を作成します。

なお、本文は自書でも、パソコン等で作成しても構いません。

ただし、必ず氏名は自署し、押印も必要です。

 

3.封印

遺言書を封に入れ、押印した印鑑と同じ物で封印します。

 

4.日程調整

公証人と遺言書を作成する日時の打合せを行います。

 

5.遺言内容の口述

遺言者が遺言の内容を公証人に口述します

 

6.遺言内容の確認

公証人が遺言の内容を筆記し、遺言者と証人に読み聞かせます。

 

7.署名・押印

遺言者及び証人が内容を確認後、それぞれ署名、押印します。

 

8.遺言書の完成

公証人は公正証書遺言の形式に従って作成した旨を付記し、署名、押印します。

 

秘密証書遺言のメリット・デメリット

1.メリット

(1)紛失、隠匿、偽造の恐れがない。

(2)パソコン・ワープロ等での作成が可能

(3)代筆での作成も可能

 

2. デメリット

(1)利害関係のない証人2名が必要

(2)公証役場での費用がかかる。

(3)家庭裁判所での検認が必要である。