相続財産とは

相続財産とは被相続人が残した権利義務のすべてをいいます。

それにはプラスの財産マイナスの財産があります。

 

なお、被相続人にだけに与えられた資格や権利等は「一身専属権」と言い、相続人が受け継ぐことはできません。

 

相続はプラスの財産だけを受け継ぐイメージがありますが、マイナスの財産を受け継ぐこともしっかりと頭の中に入れておきましょう。

 

プラスの相続財産の主な例

プラスの財産の主なものは次のとおりです。

  • 現金
  • 預貯金
  • 土地
  • .建物
  • 借地権
  • 借家権
  • 有価証券
  • 株式
  • 生命保険
  • ゴルフ会員権
  • 著作権
  • 特許権
  • 自動車
  • 貴金属 等

 

マイナスの相続財産の主な例

マイナスの財産の主なものは次のとおりです。

  • 買掛金
  • 借入金
  • 住宅ローン
  • 未払いの税金
  • 葬式費用
  • 未払いの医療費  等

 

相続にならないもの

次のものは被相続人の一身に専属していた権利義務であり、相続することはできません。

 

  • 祭祀財産(墓地・墓石・位牌・仏壇・仏具など)
  • 扶養請求権
  • 生活保護受給権
  • 国家資格(行政書士・弁護士など) 等