相続税について

相続で財産を得た人は相続税を納めることになります。

しかし、相続税は必ず納めないとならないというわけではなく、遺産の総額が基礎控除額という一定の額を超えた場合に納めることになります。

 

課税の対象の財産

課税相続財産は、相続財産、みなし相続財産、相続開始前3年以内の贈与財産の合計から、非課税財産、債務及び葬式費用を控除して計算します。 

 

基礎控除額の計算方法

基礎控除額=3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数

 

例えば法定相続人が配偶者と子2人の場合

3,000万円+(600万円×3人)=4,800万円が遺産に係る基礎控除となります。

 

配偶者の税額の軽減

配偶者については実際に取得した相続財産が次の場合までのときは相続税を支払う必要はありません。

 

  1. 1億6千万円
  2. 配偶者の法定相続分相当額

 

未成年者の税額控除

その未成年者が満20歳になるまでの年数1年につき10万円で計算した額

 

〈計算方法〉

未成年者控除=10万円×未成年者が満20歳になるまでの年数

 

障害者控除

○一般障害者控除

一般障害者控除=10円×対象者が満85歳になるまでの年数

 

○特別障害者控除

特別障害者控除=20万円×対象者が満85歳になるまでの年数

 

相次相続控除

相続開始10年以内に2回以上相続が続いた場合の控除です。

例えば、故人の親が亡くなって、その10年以内に故人がなくなた場合に控除を受けることが出来ます。

 

贈与財産の加算と税額控除(暦年課税)

相続開始3年以内の贈与財産で、既に贈与税を支払った場合は、支払った贈与税額が相続税額から控除されます。