法定相続人と相続順位

民法では法定相続人や法定相続分が次のように定められております。

 

法定相続人とは

法定相続人とは民法の規定により定められた相続人をいいます。

民法では次のものが法定相続人として規定されています。

  1. 配偶者
  2. 父母
  3. 兄弟姉妹

 

 

※法定相続人の相続分についてはこちら

 

法定相続人の順位

第1順位…配偶者及び子(直系卑属)

  • 配偶者
    • 配偶者は常に相続人になります。
    • なお、内縁関係(事実婚)では相続権は発生しません。
  • 子(直系卑属)
    • 子も常に相続人となります。
    • 実子、養子、さらに胎児にも相続権はあります。
    • 子が複数人いるときには同順位で均等に分割します。
    • なお、被相続人より子が先に死亡している場合、孫がいれば、孫が死亡した子代わって相続人となります(「代襲相続」といいます。)。

第2順位…父母(直系尊属)   

  • 父母(直系尊属)
    • 相続人に子(直系卑属)がいない場合に相続人になります。
    • もし、父母ともにいない場合には祖父母がいれば、祖父母が死亡した父母に変わって相続人となります。

 

第3順位…兄弟姉妹

  • 兄弟姉妹
    • 第1順位、第2順位の相続人がいない場合にのみ相続人となります。