相続とは

相続とは亡くなったの財産上の地位を、家族など一定の身分関係にある人が包括的に引き継ぐことをいいます。

亡くなった人を「被相続人」、財産を受け継ぐ人を「相続人」といいます。

 

相続の開始時期

相続は被相続人が死亡したときに始まります。

 

死亡とみなされる場合

死亡が確認されなくても、死亡とみなされるときがあります。

「失踪宣告」がこれに該当します。

 

失踪宣告には「普通失踪」「危難失踪」の2種類があります。

 

普通失踪とは

不在者(従来の住所又は居所を去り、容易に戻る見込みのない者)につき、その生死が7年間明らかでないときは、申し立てにより家庭裁判所が失踪宣告をすることができます。

 

この宣告があると、7年の期間満了時に死亡したものとみなされます。

 

危難失踪とは

船舶の沈没,震災などの死亡の原因となる危難に遭遇しその危難が去った後その生死が1年間

明らかでないときは、申し立てにより家庭裁判所が失踪宣告をすることができます。 

 

この宣告があると、危難が去ったときに死亡したものとみなされます。