任意後見制度とは

法定後見制度とは、本人に十分な判断能力が備わっているうちに、将来本人の判断能力が不十分になったときに、本人があらかじめ結んだ任意後見契約にしたがって任意後見人が本人を援助する制度です。

 

公証役場において、公正証書により、任意後見契約を結びます。