成年後見制度とは

認知症、知的障害、精神障害等精神上の障害により判断能力が不十分な成年者のために、不動産や預貯金などの財産管理、介護サービス、遺産分割協議、契約を行うことで、その判断能力を補い、権利、利益等を保護、支援、擁護しようとする制度をいいます。

 

成年後見制度の種類

成年後見制度には大きく2つに分けられます。

 

  1.  法定後見制度
  2.  任意後見制度

 

詳細はそれぞれをクリックしてください。

 

後見人の選任

成年後見人は本人の事情に応じて、家庭裁判所が選任します。

 

成年後見人には本人の親族、法律・福祉の専門家及びその他の第三者、福祉関係の公益法人及びその他の法人が選ばれます。

 

また、複数の成年後見人等を選ぶこともできます。

さらに、成年後見人等を監督する成年後見監督人等が選ばれることもあります。

 

後見人等の権限

家庭裁判所が審判によって、後見人等に必要な権限(同意権・取消権、代理権)を付与します。

 

○同意権・取消権

後見人等の同意なしに行った、本人の法律行為を取消(無効)にする権限です。

ただし、本人が行った日常的な買い物などは取消されることはありません。

 

○代理権

後見人等が本人に代わって法律行為を行う権限です。