負担付贈与とは

贈与とは自分の財産を無償で相手方(受贈者)に譲るという意思表示をし、相手方がこれを承諾することによって成立する契約のことです。

 

負担付贈与とは受贈者に一定の債務を負担させることを条件にした財産の贈与のことを言います。

 

贈与は双方の合意による契約であるため、

確実にペットは自分の新しい家をキープできます。

 

なお、贈与には死因贈与生前贈与があります。

 

死因贈与とは

死因贈与契約とは、贈与者の死亡によって、効力を生ずる贈与契約です。

つまり、ペットの飼い主が亡くなって、財産を贈与するということになります。

 

遺贈は贈与者の一方的意思により成立しますが、

死因贈与契約は贈与者及び受遺者双方の意思が行われる点にその違いがあります。

 

生前贈与とは

生前贈与契約とは、贈与者が受遺者に対し、生前に財産を贈与する契約です。

 

贈与者が体調や住居等の都合によりペットが飼えなくなったときに行うことが多いようです。

 

遺言執行人の指定

負担付遺贈と同じように死因贈与及び生前贈与において、ペットの世話をお願いしたとしても、本当に世話をしてくれるのかどうかという心配は変わりません。。

 

そのためにも、受遺者が遺言どおりの対応をしているかどうかを確認したり、遺言内容をきちんと実行したりする権限を持つ遺言執行者を指定して下さい。

 

遺言の内容を実行するためにも遺言執行者は必要です。